トップページ | ドライヤーは髪の毛に悪い?使いすぎるとはげるの? »

2014年6月24日 (火)

ドライヤーと自然乾燥はどちらがいいの?

下手にドライヤーを使うと髪が傷んでしまいます。

だからといって、自然乾燥するのは
もっと髪が傷む原因になるので注意が必要です。

髪は乾いているときよりも濡れている時の方が
傷みやすいです。

髪が水分を含んでいる時は
キューティクルが開いている状態になっています。

その時に外部からの刺激(髪がこすれる、タオルドライをする)
があると簡単にキューティクルが壊れてしまうのです。

当然、濡れた髪のままで寝てしまうと
枕との摩擦でキューティクルが壊れて髪が傷つくことになります。

キューティクルが壊れると枝毛や切れ毛の原因となるので、
ドライヤーを上手に使って乾かすことが
髪にとってもよいことなのです。

ちなみに、濡れた髪のまま寝ると寝癖になりやすいのは、
頭と枕の間に不自然な状態でキューティクルが閉じるため
そのままの形が残ってしまうからです。

トップページ | ドライヤーは髪の毛に悪い?使いすぎるとはげるの? »

ドライヤーの温風と冷風」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2047123/56592489

この記事へのトラックバック一覧です: ドライヤーと自然乾燥はどちらがいいの?:

トップページ | ドライヤーは髪の毛に悪い?使いすぎるとはげるの? »