ドライヤーの温風と冷風

2014年6月24日 (火)

温風と冷風の役割とは?ドライヤーで優しく髪を乾かす方法とは!

ドライヤーには温風と冷風の2つの風タイプを選べます。

しかし、どちらを使う方が髪にとっていいのか
考えたことのある人は少ないのではないでしょうか?

実は、両方の風を使い分けることが
髪にとって一番よい使い方になります。

温風と冷風には、使うタイミングによって
それぞれ意味があるのですね。

それでは、正しいドライヤーの使い方を
髪の乾かし方の説明の中で解説します。

■髪の乾かし方

1.タオルで余分な水分を吸い取る

乾いたタオルでしっかりと水気を取ります。

髪が濡れているときはキューティクルが開いているので
一番傷みやすい状態です。

ですので、ゴシゴシこすらないように気をつけて
タオルではさんで(押さえて)水気を取っていきます。
(タオルドライ)

2.ドライヤーをあてる【温風】

まず最初にドライヤーの温風を頭から10cm以上はなして
髪の根元の方からあてていきます。

キューティクルは乾くと閉じるという性質があるので
最初に根元から温風で温めることで傷みを最小限に抑えられます。

一箇所に集中して風をあてると髪が傷むので
ドライヤーを左右に動かしながら乾かすようにします。

毛先から乾かすと必要以上に乾かすことになり
傷みの原因となるので気をつけましょう。

3.ドライヤーを切り替える【冷風】

ある程度乾いたら温風から冷風に切り替えて
髪に残っている熱を冷ましながら仕上げをします。

そうすることで髪の乾かし過ぎを防いで
しっかりとキューティクルを閉めることが出来ます。

髪や頭皮に残っている水分(潤い)を逃さないためにも
最後に冷風で乾かすと効果的です。

■髪を傷めないために気をつけること!

上記のほかにも、髪を痛めないために
ドライヤーを当てるときに気をつけることがあります。

・高温で一箇所にあてない

ドライヤーの温風の温度は100~120℃くらいあります。

ですので、一箇所にあてすぎると髪が乾燥しすぎて
髪にダメージを与えてしまいます。

また、頭皮にドライヤーの風をあてると
頭皮の潤いが奪われて乾燥してしまいます。

頭皮が傷むと抜け毛や皮膚の炎症などの
影響出るので気をつけましょう。

ドライヤーをあてるときには左右に動かしながら
風をあてると良いですね。

・髪が濡れているときにはブラッシングNG

髪がぬれている状態だと指通りしやすいと考えて
ブラッシングする人もいますがやめましょう。

濡れていると髪が絡みやすい状態なので
髪が引っ張られて切れたり傷んだりする可能性があります。

ですので、ブラッシングは
髪を乾かしたあとに行いましょう。

■ドライヤーの熱について

一般的なドライヤーの温風は100度以上という
高温のものが多いです。

同じ部分に当てる時間が長くなると
髪がやけどした状態になってしまいます。

ですので、小刻みに左右に振って
一箇所に集中して温風があたることのないように
注意して使うことが必要です。

ただ、温度が高いと髪やけどになりやすいといえます。

ですので、温風の温度の低いドライヤーを
使って髪が火傷しないようにすると良いです。

そこで、熱すぎない温度(60℃)で
広い範囲にまんべんなく温風を噴出す
「低温トリートメントドライヤー」がおすすめです。

60℃という低温で強力な風量で風を送るので
髪がやけどする事なく素早く乾かすことができます。

低温で乾かすため長く使用しても毛先が変色しないので、
トップヘアモデルにも愛用者がいるドライヤーです。

髪の傷みがひどいと感じているなら、
30日の返金保証が付いてるので
一度使ってみることをおすすめしますよ。

▼髪のやけどを防ぎたい方は下記をご覧ください▼

ドライヤーは髪の毛に悪い?使いすぎるとはげるの?

ドライヤーを使うと髪を傷めるために、
抜け毛や薄毛につながると考えている人が多いです。

しかし、実際には髪を乾かさずに自然乾燥をしたり、
そのまま寝てしまう方が頭皮には良くありません。

濡れたままでは髪が傷みやすいというのは
前の記事で書いたとおりです。

加えて、頭皮を乾かさないでいることの
抜け毛につながる要因としては湿気と体温です。

湿気に体温が加わることで、
頭皮に雑菌が繁殖しやすくなります。

雑菌が繁殖することで頭皮に炎症が起きたり
フケやかゆみの原因となってしまいます。

そのような状態を続けると
抜け毛になりやすくなってしまうのです。

ですので、「はげる」とは断言できませんが、
薄毛につながる要因にはなるといえます。

ドライヤーと自然乾燥はどちらがいいの?

下手にドライヤーを使うと髪が傷んでしまいます。

だからといって、自然乾燥するのは
もっと髪が傷む原因になるので注意が必要です。

髪は乾いているときよりも濡れている時の方が
傷みやすいです。

髪が水分を含んでいる時は
キューティクルが開いている状態になっています。

その時に外部からの刺激(髪がこすれる、タオルドライをする)
があると簡単にキューティクルが壊れてしまうのです。

当然、濡れた髪のままで寝てしまうと
枕との摩擦でキューティクルが壊れて髪が傷つくことになります。

キューティクルが壊れると枝毛や切れ毛の原因となるので、
ドライヤーを上手に使って乾かすことが
髪にとってもよいことなのです。

ちなみに、濡れた髪のまま寝ると寝癖になりやすいのは、
頭と枕の間に不自然な状態でキューティクルが閉じるため
そのままの形が残ってしまうからです。

その他のカテゴリー